×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

引っ越し費用はどれくらい!見積もりをチェックして!

引っ越しすることが決まったら、次は見積もりをしなければいけません。

見積もりで大切なのは必ず複数の業者に依頼することです。

引っ越しするならこれは基本です。


引っ越しの見積もり

最近では、インターネットを使って簡単に見積もりを取ることが可能になり
便利な時代となりました。

もし、インターネットの操作が苦手な方や慣れていないようなら、
直接引っ越し業者に連絡し、自宅に訪問してもらって見積もって
もらってもいいでしょう。


インターネットで見積もりをする場合

インターネットで複数の業者に見積もりを依頼したら、

・オペレーターから電話がある

・メールが来る

このように必ず確認を取ってきます。


この時の判断基準としては、オペレーターの対応の仕方や返信されてきた
メールの内容などをよく見るようにして、

「ここ良さそう」

「対応が早い」

「丁寧な感じがいい」


などと思った業者さんをいくつかに絞っておき、訪問してもらいましょう。

業者によってもちろん、違いがありますので、おおよその引越し価格や
オプションのサービスなどを把握した上で、実際に訪問してもらって
正確な見積もりを出してもらいます。


見積もりの注意点

見積もりのために訪問してもらった時には、注意をしなければいけない
こともあります。

おそらく引っ越し業者の営業マンは訪問時には他社で見積もりをとっている
ことも想定して価格を提示してくることが多いです。

例えば・・・

「今、ここで決めてもらえたら、限界まで安くします!」

このような事を言う人もいるでしょう。

でもそんな営業トークに負けてはいけません。

そのような会話が担当者にまで伝わっておらず、
後でトラブルになるケースも少なくないからです。

訪問に来てもらった際、その日に決定したことは、
書面に残してもらうことが絶対に重要となります。

また、こちらから「他社さんではこうでした」などというと、
すぐにコロコロと価格を変動させるようなところも注意が必要です。


やはりコロコロ変わるというのは、不信感を覚えます。

もしかしたら、作業面でもいいかげんなとこかもしれませんよね。

当然のことですが、複数見積もりをとるようにして、ご自身が

「ここなら安心して引越しをお願いできる」

と感じたところにお願いすると良いでしょう。

この業者だけやけに安いなと単純に価格だけで決めてしまうと、
後で嫌な思いをする可能性もあるから注意が必要ですね。

もし、見積もりを検討しているなら下記のようなサイトをお使いください。
簡単入力で一括見積もりが出来ますので便利ですよ。

引越し料金を比較してみる!

-   郵便番号を調べる

↓

■1:料金を比較して、賢く選ぶ

■2:細やかなサービスを受ける