×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

引っ越し費用はどれくらい!見積もりをチェックして!TOP > 引っ越しのトラブル? > 引越しのトラブル?雨や物を壊されたなど・・・

引越しのトラブル?雨や物を壊されたなど・・・

引越しの急なトラブルは?

引越し時には、急なトラブルへの対応を余儀なくされることもあるでしょう。

よくありがちなのが、引越し当日、雨になってしまった場合です。

食器棚やタンスなど家財道具は濡れてしまいますし、移動や運搬も
予定より大幅に時間がかかる可能性もあります。

しかし、雨でもその日の引越しを中止するわけにもいかないでしょう。

どんなにどしゃぶりでも、天災レベルにならない限り、引越し業者側から
延期やキャンセルできないという決まり(標準引越運送約款)があるためです。

ですので、余程ひどい暴風雨でもない限り、引越し業者側から延期を
提案してくることはないでしょう。

でも、どうしても、引越しの延期や中止をしたいのであれば、
「お客様都合による延期・キャンセル」という形で処理されるでしょう。

また、引越し業者の場合は、特に費用がかからずに延期できることも
あるかもしれませんが、大抵はキャンセル料などの支払い義務が
生じることがほとんどでしょう。

もちろん費用がかからず延期できる場合でも、明日すぐにお願いしますと言う
わけにはいかないことが多いでしょう。

なので特に梅雨や台風の時期では、万が一雨が降ってもいいように雨対策を
して荷造りしておいた方が無難です。


その他のトラブルとしては、まれに家財道具に傷をつけられた、
お客様の荷物が紛失したなどのトラブルが起こることもあります。

大手引越し業者であっても、荷物事故の可能性はゼロではないんですね。

もし、引越し作業中の破損・紛失があった場合には、なるべく早く営業マンや
引越し業者の事故係、クレーム係に連絡してください。

大抵の場合は、修理や代替品、同等の金銭によって補償してくれるでしょう。

引越し完了後に気が付いた場合でも、分かった時点で連絡した方がいいですね。

ほとんどの引越し業者が3ヶ月以内を補償期間に定めているようですが、
時間の経過とともに証明しにくくなるでしょう。

引越し料金を比較してみる!

-   郵便番号を調べる

↓

■1:料金を比較して、賢く選ぶ

■2:細やかなサービスを受ける